カテゴリー別アーカイブ: プリズマイリヤ ドライ!!

プリズマイリヤ ドライ/10話感想 物語も佳境、ようやく反撃開始!遅いぞ、士郎!

01

物語も佳境に入ってきたプリズマイリヤ。とうとうシリーズファン待望の”あいつ”が登場しますよ!

9話感想

sponsored link


ついに美遊を取り戻しました!

02
「美遊も世界も両方救う!」
当たり前だよなぁ!? さすが主人公です!

03
「私はもう、絶望に逃げたりしない」
そんなイリヤの言葉に新たに決意した美遊。

クロはインストールを解いたイリヤの格好を茶化しながらこっそりクラスカードを渡します。

そしてまるで誰かに話しているかのように作戦内容を語り始めました。

0405
するとどこからともなくギルとバゼットさんが! 2人の奇襲で操られていた凜&ルヴィアは元に戻ります!

アンジェリカはギルから奪ったハデスの隠れ兜(身に着けることで姿を消す宝具)をゲートオブバビロンにしまっていました。そのおかげでギルからも取り出せたため使われてしまったんですね。

作戦のためにギルはどこかに向かいます。

そしてクロの弓が塔を貫き…。

06
「待たせてごめんね。助けに来たよ」
ここ好き。漫画でお気に入りのシーンです。

07
セイバーをインストールし攻撃を仕掛けるイリヤ。当然ダリウスに防がれてしまいますが…。

08
そこにルールブレイカー! ざっくり言うとあらゆる魔術効果を打ち消すナイフです。これをダリウスに使ったということは美遊は解放されるし、もしかしたら聖杯戦争自体をなくすことも可能かも!

09
突如様子がおかしくなるダリウス。

10
美遊はその隙をついて転身! あら^~

ピンチに現れるのはやっぱり…。

兄が捕まっていることを盾に美遊を取り戻そうとするアンジェリカ達。しかしそこには先ほど姿を消したギルが助けに向かっていたのでした、

11
様子がおかしかったダリウスですが、なんと青年のような姿に! 美遊の言葉によると、本当のダリウスは既に死んでいて、青年はダリウスに置換魔術で化けていました。

本当の正体はダリウスの息子、ジュリアン・エインズワース。

12
い つ も の

13
聖杯?の泥から現れたのは黒い英霊。こいつらはけして雑魚ではなく、全てボスクラスの敵です。

さすがにイリヤ達も大苦戦! そこにジュリアンが姑息にも美遊を誘惑してきます。この災厄を止めたければ戻って来いと。

14
「そんな手を握っちゃダメ」
やだ…カッコイイ…。そんな2人にジュリアンは様子に怒り、攻撃を凜たちに向けてきますが…。

15
うおー! ロー・アイアスだ! しかも5枚!

16
「そうだ 美遊 もうお前はそんな男に縛られなくていい」
「トレース オン(投影 開始)」

きたー! やっぱり来ると盛り上がるなあ! なんていい引きなんだ…。

感想

最後に登場したのは我らが主人公(staynightの)・士郎ですね! まあ声で分かったと思いますが。

彼が最後に投影したのは熾天覆う七つの円環(ロー・アイアス)。あらゆる飛び道具を防ぐ防御型の宝具です。本来は花弁が7枚ありますが彼が未熟or魔力不足で5枚しかありません。

イリヤが使用した破戒すべき全ての符(ルールブレイカー).も地味にチートな宝具。刺した対象のあらゆる魔術を破戒することができます。イメージしずらい人はそげぶと思ってくれて大丈夫です。相手が自身に使っている強化魔術はもちろん、魔術による契約も打ち消し、魔力で生み出された生命体は消滅します。

ダリウス(ジュリアン)はこれで刺されてしまったため置換魔術が無効にされてしまったのです。

さあ士郎も出てきたところで来週からはもう大詰め! めちゃくちゃ楽しみですね!

(nekai)

9話感想


プリスマイリヤ ドライ/9話感想 これぞ主人公!イリヤの出した、究極の選択の答えとは…?

01

小学生にとんでもないこと背負わせようとした前回でしたが、果たしてイリヤはどんな答えをだすのでしょうか…?

8話感想

sponsored link


この世界の星は人類に厳しい

02
「世界を殺すかひとりを殺すか。選べ」
選択肢が重い。混乱するイリヤに親切にもさらに解説してくれます。

長いのですごいざっくりと要約すると、人間が魔術を使うには人間の持つ魔力(オド)だけでは足りないため、自然に満ちている魔力(マナ)をもらっています。

ですが、そのマナが枯渇してきてしまいました。すると、星が全ての生物に対して猛毒の未知なる物質をばら撒き始めます。マナを枯渇させないよう世界のルールが書き換わってきているんですね。

で、このままだと人類は滅亡してしまうので、「私達を新世界でも生きられる生物にしてください」とお願いするために、聖杯たる美遊を使おうとしているわけです。

03
そんなこと聞いてもイリヤに決断できるわけもなく、とりあえず敵の攻撃をアサシンのクラスカードでかわして隠れました。アサシンの姿も可愛いなー。

04
「来い。シュルシャガナ」
しかし敵は落ち着く暇を与えてくれません。隠れたイリヤをあぶりだすため、森を焼き払おうとし始めます。ホントになんでも持ってますね…。

05
ついに敵に見つかってしまい、絶体絶命となったその時…

女の子>>>>>世界

06
ロー・アイアスはやっぱり固い! クロが救援に駆けつけました!

世界と美遊、どちらを救うのかという質問をくだらないとバッサリ。

「くだらぬだと? ならば答えろ。貴様は美遊様と世界、どちらを―」
「美遊!!!」

即答! まあそりゃそうなると思います。冷酷な言い方になってしまいますが、美遊の世界はクロ達にとっては所詮平行世界ですからね。

07
「女の子の命は世界より重いのよ!」
めちゃくちゃ説得力ある(?)お言葉です。

08
戦いになるも、凜たちが向こう側にいるせいで上手く戦えません。この2人ホントに敵に回ったときはやっかいですねぇ。

沢山の人間を救うために少数の犠牲は切り捨てる、たとえそれが正しくて、自身の選択が間違っていたとしても、正義を選ぶことはできない。自身に背負えるのはせいぜい2人とアンジェリカに言い放つクロ。かっこいいなあ…。

09
敵への攻撃を仕掛けますが、お得意の置換魔術により自身が傷を負う羽目に。追撃されもうおしまいかと思ったその時!

10
イリヤがクロを庇います! うわあああ!

11
と思ったらただの身代わりで普通に生きてました。2期でもギルを騙してましたし、正直アサシンのクラスカードは攻撃性がない点を除けばチートだと思います。

「聞いて。私、やっぱりクロの選択に賛成できない」
美遊はもちろん、クロも同じように大切で、世界中の誰もが同じように誰かを大切にしている。だから美遊のために全てを犠牲にすることはできない。そんなことをイリヤは考えていました。

1213
「私は美遊も世界も両方救う!」
第3の選択肢ですね。これぞ主人公にしかできない選択。その言葉に美遊も自身を拘束する心の呪縛から解き放たれました。

14
決意新たにアンジェリカの対峙したところで今回は終了です。

感想

なぜ世界が滅びに向かっているのかをもうちょっと詳しく解説しておくと、Fateの世界観では、我々の住む星(地球)に意思が存在しています。この意思は、星を存続させることが最優先なので、星が守れるのならば人間がどうなろうと知ったこっちゃないって考えです。

なので、星を滅亡させないために(マナを枯渇させないために)地球上の生き物全部死んでもいいから世界のルール変えちゃえ☆って感じです。

ちなみに人間を守るための意思みたいなのもあるんですが、ややこしいし長くなるし、ちゃんと説明できる自信がないので省略します。上記の星の意思も含めて、気になる方は「Fate 抑止力」でググってください。

前回よりめちゃくちゃ重い選択肢を選ばされたイリヤですが、どっちも救うという答えに行き着きました。適当に言ってるんじゃなくて、ちゃんと考えた末に出た結論って良いですよね。クロは冷めてるっていうかドライっていうか、こういう選択で迷うことないでしょうね。

相変わらず戦闘シーンの作画も凄かったです。原作だと次週あたりから少年漫画の如くバトル重視になっていくので期待度もMAX!

次週も楽しみですねー!

(nekai)

8話感想

プリズマイリヤ ドライ/8話感想 ついに明かされる敵の目的…究極の選択にイリヤはどうする!?

01

今回はなかなか熱い展開が待ち受けています。楽しさが毎週右肩上がりですね!

それと同時にかなり重要な回でもあります。一言一句聞き逃さないようにしましょうね。

7話感想

sponsored link


イリヤが切られまくります。

操られた凜&ルヴィアと対峙する人形サファイアイリヤ。なんか緊張感ないな~

02
肉体に危険がおよべば精神が帰ってくるということで攻撃を仕掛けます。が、人形状態ではまったく火力がありませんでした。元々低いですしね…。

魔術回路は1本あるかないかだそうです。むしろあるほうがビックリ何ですが…。ちなみに一般的な魔術師で魔術回路が20本なので、相当貧弱なことが分かるかと思います。

03
はさみで容赦なく攻撃を加えてくるため、こちらも斬撃で反撃! するとまた都合のいい切れ方を…。うーんセクシー

しかし、ルヴィアを元に戻すことはできず、そのせいで敵性個体にされる始末。サーヴァントカードを取り出してきます。

04
宝具を発動するルヴィア。しかし、その宝具には名前がありませんでした。さらに使ったカードは消滅。使い捨てのカードみたいな感じですね。

宝具の衝撃で床が崩れ、エリカちゃんと自分の体の元へ落下! するとそこでは…

05
なぜか体の服がひん剥かれていました。イリヤ、怒りのダイレクトアタック。

06
しかし、衝撃を与えたにも関わらず体は元には戻りませんでした。どうやら胸の刻印になにかがある様子。そして考える暇もなく、都合の悪いことにアンジェリカまで…!

イリヤがさらわれたのは、美遊の精神安定剤役、エリカちゃんの愛玩役のためだったみたいです。

圧倒的に不利な状況ですが、それでも抵抗するイリヤ。ですが、敵は容赦がありません。

07
人形の体をまさかのバラバラにされてしまうイリヤ。しかしこれも作戦の内! 首だけを動かし、自身に対して魔法弾を発射! その衝撃を胸の刻印に受けたことで…。

08
イリヤ復活! 衣装もサファイアバージョンです! 美遊もそうなんですが、サファイアで変身するとだいぶ攻めた衣装になりますね….

元の姿には戻ったものの、相変わらず凜たちは操られたまま。彼女らの相手をする羽目になります。

09
相手が使っていたカードは威力の低い、ただの失敗作らしいのですが、そのため数だけは沢山あります。物量で押され外に押し出されるイリヤ。

10
部屋の窓から出たはずなのに、なぜか城の正門から出てきました。それはエインズワース家の魔術・置換魔術のせいでした。

「原理的におよそ劣化交換にしか至れない下位の基礎魔術です。使い手もほとんどいないはずですが…」
フラグやめーや。こういうこと言い出すときって大体例外が発生しますよねw

改めて戦闘開始! アンジェリカと凜、ルヴィアの三人を相手にする超不利な状況。そのため、ルヴィアたちを元に戻そうと攻撃を加えると…。

11
なぜかその攻撃が自分の真後ろから現れ直撃させられてしまいます!さらに敵の攻撃も自分の後ろから…!これが置換魔術…強い!

12
ということで捕まって大ピンチ!

ついに明かされる敵の目的

13
一方、クロ達もイリヤを救出するために作戦会議をしていました。しかし、いまさらになってエインズワースは正義の味方といい始めるギル。

そして、「ここでまたエインズワースを襲撃すると本格的に決戦になってしまう。そのための意思確認をする」といい始めました。

「君達は悪を貫けるかい?そして美遊を助け出そうとするならその覚悟が必要だ」
「エインズワースの目的は…」
「世界の救済だ」

原因は不明ですが、この世界ではマナ(自然界の魔力)が枯れはじめました。植物は育たなくなり、動物は人も含めて死滅。

今雪が降っているこの世界ですが、実は季節は夏です。なんとこの世界では地球の地軸がずれ、環境が激変してしまっていました。もはや数世代と持たず、滅びを迎える世界なのでした。地軸がずれるって相当ですよね。

そして、それを聖杯である美遊を使用して救済しようとしているのがエインズワースです。
「世界を殺すかひとりを殺すか。選べ」

感想

話がさらに面白くなってきましたね!

今回は久々にイリヤが変身。しかもサファイアバージョン  前回もちょろっと言いましたがこういう展開熱くて好きです。でも露出度凄くないですかね…。

敵が使用していた謎のカードの正体も判明。クラスカードの失敗作でした。火力もイリヤが普通に防げる程度のものですが、数だけは沢山ありました。ベアトリスも使用してましたしね。

また、敵の使用している置換魔術も非常に強力。サファイアの説明では下位の魔術らしいですが、エインズワースはこれに特化しているということで、イリヤは終始翻弄されてしまいましたね。敵を倒すにはまずはこれを攻略しないと…!

そしてエインズワースの目的も判明。イリヤ達の行為は世界を滅ぼす行為ともいえます。とは言っても、聖杯の力でも世界を救えるのかは分かりませんけどね。いくらなんでもこの選択は小学生には重過ぎる気がするんですが…笑

(nekai)

7話感想