バンドリ!/8話感想 大感動の文化祭ライブとポピパ結成!少女たちの想いが奏でる『星の鼓動』


近づく花咲川女子学園文化祭。そんな中、沙綾の過去が明らかになり、想いの丈を互いにぶつけ合う香澄と沙綾。そしてそれは彼女のバンド活動への未練を示すものでした。

いよいよ文化祭が幕を開け、『Poppin’Party(ポッピンパーティー)』の初ライブが迫るBanG DREAM!第八話『走っちゃった!』のレビューです。

7話感想

sponsored link


文化祭、はじまる!


▲公式動画バンドリ!#8予告

沙綾がバンドを辞めた本当の理由を知った香澄達。有咲の部屋に泊まり込み、曲と歌詞を完成させた彼女達は一路学校へと向かいます。

いよいよ始まる文化祭――もやもやした気持ちを抱えながらも沙綾を信じて待つ香澄。


しかしその頃山吹家では母・千紘が倒れるというアクシデントが発生!?沙綾は母親に付き添い病院へ、文化祭に出ることを諦めてしまいます。


香澄「…みんな! 最高の文化祭にしよっ! 絶対、大成功させよう!」

事情を沙綾の父・亘史に聞いた香澄は文化祭に来られなくなってしまった沙綾のために、文化祭を成功させようと奮起します。盛り上がる香澄と1-Aの面々。沙綾の抜けた分をクラスメイトのみんなでフォローする、チームワークもばっちりです。


香澄『沙綾? 香澄です。お母さんどう?沙綾、大丈夫? カフェはね…大成功!お客さん、パン美味しいって!お持ち帰りする人も沢山!』

一方、香澄の送った携帯のメッセージから聞こえてくるクラスメイトの声援や香澄が朝届けた手紙――新曲の歌詞に沙綾は心を揺り動かされます。


千紘「沙綾は優しいね。お母さんにもみんなにも、凄く優しい。その優しさをもっと自分に向けて」
沙綾「出来ないよ…」
千紘「沙綾なら出来る。一人じゃないんだから」

そんな娘の姿を見て、そっと背中を押す千紘。紗と純の弟妹の応援もあり、沙綾はついに走り出します――果たして沙綾は文化祭ライブに間に合うのでしょうか!?

少女は走る!文化祭の盛り上がりは最高潮へ!


今回は文化祭がテーマということで色々なキャラクターの様々な描写がありました。


▲香澄の妹・明日香のメイド姿(´∀`*)中学も同じ日に合同で文化祭やってたんですね。登場するまで気付きませんでした(笑)


グリッターグリーンのキーボードを担当する生徒会長の鰐部七菜。普段はおカタい人物ですが今日は血糊ベットリと本格的な仮装でお化け屋敷を盛り上げる、やる気満々な人物でノリがいいです。


▲ゆいお姉ちゃんもかなりノリノリです(ノ´∀`*)


そして体育館(講堂?)のステージでは沙綾が以前所属していた夏希がボーカルを務めるガールズバンド『CHiSPA』のライブが行われていました。


そしていよいよポピパの出番がやってきます。後ろ髪を引かれる思いでまずは『わたしの心はチョココロネ』を歌う香澄――その頃、沙綾は必死で病院から学校を目指して走っていました。

そして体育館前で、丁度出番を終えた夏希達と運命の再会をします――


夏希「楽しかったよ! 沙綾とのバンド…楽しかった…沙綾は?」


沙綾「……楽しかった! …楽しくて、大好きだったよ!」

多くの言葉にならない想いを涙で重ね合わせる「みんな待ってるよ」と沙綾の背中を押す夏希、真結、文華ら3人。そして新ドラムメンバーの里美からスティックを借りた沙綾は体育館の中へ――


多くの人々の優しさに支えられ、新しい一歩を踏み出す沙綾。

初ライブ!結成ポッピンパーティー!


Pixiv 原田さん様

展開としてはこれ以上無いくらいのバッチリな流れ。しかもCD音源ではなく、新たに収録したと思われる音源を使っているのがいいですね!


▲BanG Dream! 2nd LIVE「STAR BEAT!~ホシノコドウ~」フルサイズ公式動画

こちらはライブバージョンより。


ついに5人揃ったポピパ。ライブも大盛り上がりで成功させ、そのまま一気にEDに入る構成でタイミングもバッチリです。スタッフ側も今回相当力を入れて製作しているのが見て取れますね。

一山越えてまた次の山がやって来る?


凛々子「そうですか…」
詩船「ああ…ここを畳むよ」

過去を乗り越え、ついに5人が揃い結成を果たしたポピパ。その初ライブは大成功に終わりましたが、しかしその頃目指す舞台――ライブハウス『STAGE』ではオーナーが決意を固めていました。

ガールズバンドの聖地『STAGE』を救うべく、ポピパを始めとするガルバンが立ち上がる展開…になるのか?

取り敢えず先行きは不透明ですが、新たな目標が生まれる展開はアリでしょう。STAGEを救うためにグリグリとの対バンや、ゲームや他メディアで人気グループのロゼリア等他バンドのアニメ登場も含め、今後の展開が楽しみです。

(ごとうあさゆき)

7話感想